/学問総合/教養/生物・植物の生態
動物雑学いろいろ(9comment)
■このスレッドを新規ウィンドウで開く
point:0   views:345   ▲vote point for this BBS+
作成:2018-04-14 08:33:13   created by:137d83651e
更新:2018-11-02 22:59:48


【tags】

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント50
Last Comment 50
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2018-04-14 08:33:13  #137d83651e   【×】このコメントを非表示にする

てす
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

2:  (no_name)  2018-04-14 08:35:12  #137d83651e   【×】このコメントを非表示にする

メスに男性器?そこから出産!? ブチハイエナのリスクしかない進化
https://withnews.jp/article/f0180413000qq000000000000000W06w10101qq000017106A

 「ブチハイエナって、メスにも男性器(偽だけど)があって(中略)驚くことに、その男性器は産道が飛び出たというイメージなのか出産はその男性器から子供が生まれ出てくるらしい」。3月下旬、こんなツイートが話題となりました。リツイートは4千件、いいねは5千件を超えています。

 この男性器のようなものは、実は、オスの男性器(陰茎)に相当する陰核が変化したものです。ブチハイエナはこのように陰核が発達していて、「擬陰茎」と呼ばれています。オスと同じように尿道も通っていて、長さは平均で17センチほどです。

 そして、擬陰茎は産道を兼ねており、赤ちゃんはこの細い擬陰茎を通って生まれてきます。

 赤ちゃんは1.5キロほどの大きさです。出産時には擬陰茎の太さが2倍ほどになるとはいえ、あまりに産道が細すぎます(上記写真の擬陰茎は直径3~4センチほど)。赤ちゃんが産道を抜けて出てくる時には、擬陰茎は裂けてしまうそうです。母親の20%は、初産の傷が原因で死に至ります。

 ブチハイエナのメスには、なぜこれほど立派な擬陰茎があるのでしょうか。

 これには、ブチハイエナの社会構造が関係しているという説があります。

 ブチハイエナは完全なメス優位社会で、群れ同士の戦いや狩りもメスがおこないます。そのため、攻撃性を誘発する男性ホルモンが多く出て、メスの生殖器の外見もオス化してしまった、という説明です。同じくメス優位社会を形成するワオキツネザルも擬陰茎を持っています。

 ちなみにブチハイエナの擬陰茎の根元には、「擬陰囊」と呼ばれる2つの玉があります。これはただの脂肪の塊で、オスの陰囊に相当する器官ではありません。

 この謎の「擬陰囊」の存在もあり、外見だけで雌雄を区別するのは極めて難しいそうです。

 実際、札幌市の円山動物園では2014年、繁殖を試みていたブチハイエナのペアが、実は両方ともオスだったという珍事も起こりました。

 交尾のときは、メスが擬陰茎をお腹に引っ込めて、一時的な膣を作ります。

 ほとんどの動物の交尾は、メスに主導権があります。しかし、ブチハイエナの場合には、物理的に擬陰茎を引っ込めないと交尾ができず、「完全に」メスに交尾の主導権が与えられています。

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

3:  (no_name)  2018-04-14 08:37:07  #137d83651e   【×】このコメントを非表示にする

イルカと人が…「おとぎ話」のような漁法に危機 最後の4人の願い
https://withnews.jp/article/f0180414000qq000000000000000W06s10101qq000017091A



 大河に浮かぶ小舟。漁師の合図でイルカがはね、魚を網に追い込む……そんなおとぎ話のような漁法が、ミャンマー中部のイラワジ川に伝わっています。ただ、以前に比べてイルカの数は減り、技を受け継いだ漁師も数えるほど。イルカと人が協力して漁をする伝統が、絶滅の危機に陥っています。(朝日新聞ヤンゴン支局長兼アジア総局員・染田屋竜太)
鳴きまねすると、尾びれで合図

 ゆったりと流れるイラワジ川。川幅は数十メートルにも及ぶ大河に、全長2メートルほどの手こぎカヌーが浮かんでいます。

 前方に座ったマウンレイさん(54)は、先をとがらせた15センチほどの木の棒を手に持っていました。

 棒で舟のへりをコツコツたたくと、口をすぼめて「クルックルッ」とイルカの鳴きまねをします。

 20秒くらいすると、灰色の尾びれが現れ、水面をばしゃんとはじきました。

すぐに直径5メートルほどの大きな網を投げ入れるマウンレイさん。

 「イルカが網の近くまで魚を追い込むと、尾びれで知らせてくれます。それを合図に網を投げ入れます。イルカも、網にかからなかった魚の『おこぼれ』をもらえる。どちらにも利益のある漁法なんです」

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

4:  (no_name)  2018-08-29 00:11:06  #98ba36f817   【×】このコメントを非表示にする

BBC - Earth - Dogs can tell if you're untrustworthy
http://www.bbc.com/earth/story/20150220-dogs-know-if-youre-untrustworthy

20 February 2015

Dogs may not seem terribly bright when they're chasing their own tails, but in many ways they are clever creatures. In particular, they are very socially aware, both of humans and of each other.

Many studies have reported that they can sense human emotions. Recent research has found that they can tell the difference between happy and angry faces, and even show jealousy.

It now seems that they can sense when a person is untrustworthy. Once a dog has decided a person is unreliable, it stops following the cues they give.

It's been known for years that dogs understand what it means when a human points at something. If a dog's owner points to the location of a ball, stick or food, the dog will run and explore the location the person is pointing to.

The latest research shows they are quick to figure out if these gestures are misleading.

In a study published in the journal Animal Cognition, a team led by Akiko Takaoka of Kyoto University in Japan presented 34 dogs with three rounds of pointing.

In the first round, the experimenters accurately pointed to where food was hidden in a container. But in the second round, they pointed to an empty container.

In the third round, the same experimenter again pointed to the container with food.

But now the dog did not respond to the experimenter's cue. That suggests, says Takaoka, that the dogs could use their experience of the experimenter to assess whether they were a reliable guide.

After these rounds a new experimenter replicated the first round. Once again, the dogs followed this new person with interest.

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

5:  (no_name)  2018-08-30 02:59:32  #1ed783bd45   【×】このコメントを非表示にする

http://www.afpbb.com/articles/-/3155094

2017年12月12日 13:28 発信地:マイアミ/米国
【12月12日 AFP】頭部に特徴的な牙を持つことから「海のユニコーン」の異名をとるイッカクは、人間の活動によるストレスに対して「憂慮すべき」反応を示すことを明らかにした研究結果が7日、発表された。このストレスで脳損傷を引き起こす恐れもあるという。

 イッカクは恐怖に駆られると、呼吸を止めたまま高速で海の深いところへと泳ぎ去ろうとするが、この時の心拍数は毎分60回から同3~4回にまで低下することが今回の研究で分かった。

 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、イッカクの潜水による逃避行動では、必要となる酸素量が供給量の97%に及び、有酸素潜水の限界を超えて「筋肉、肺、血液などに蓄えられている酸素が枯渇し、嫌気的代謝に移行する」場合が多いという。

 一方、通常の潜水では、継続時間と水深が同じだったとしても、消費される酸素はその蓄積量の約52%にとどまり、心拍数も毎分約20回に下がる程度だった。

 研究チームによると、いわゆる「逃走か、闘争か」の反応を示す際に恐怖で体がすくむ状態が併発することで、イッカクの脳や他の重要臓器に十分な量の酸素が送り込まれにくくなることが考えられるという。

 論文の主執筆者で、米カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz)のテリー・ウィリアムズ(Terrie Williams)教授(生態学・進化生物学)によると、今回の研究は、イッカクや他のクジラ、イルカなどの海洋生物が船舶輸送、地震探査、石油採掘などの人的活動によって悪影響を受けていることへの「警告的な」意味を持つという。

「これらの動物はその生態により、環境のかく乱に対して著しく弱い存在となっている」と、ウィリアムズ教授は指摘する。

 イッカクは絶滅危惧種ではないが、地球温暖化が進行して北極圏の生息地における氷の融解が進むにつれて、人との接触がますます増えている。

■憂慮すべき観察結果

 研究では、先住民が仕掛けた網にかかったイッカク5頭にセンサーを取り付け、デンマーク領グリーンランド(Greenland)東海岸のスコアズビー湾(Scoresby Sound)に放し、それぞれの生理反応と行動反応を観察した。センサーは、米フィットビット(Fitbit)製の活動量計に似た記録デバイスを吸着カップを使ってイッカクに装着させた。

 数日後、イッカクの体から離れ落ちて海面に浮かび上がったセンサーを回収し、その記録内容を調べた。

 記録されていた内容を確認したウィリアムズ教授は、「この技術でイッカクの世界を知ることができるようになったが、観察結果そのものは憂慮すべき内容だった」と語った。

 イルカやアザラシなども深海を高速で泳ぐ際に心臓不整脈を頻繁に経験し、方向感覚喪失や死の危険に陥ることが、過去の研究では明らかになっている。

 イッカクは通常、シャチやその他の脅威を回避するための自然な逃避反応として、捕食動物が追跡できない領域へと、低速で下降または上昇して逃げ込む行動をとる。

 しかし、「シャチなどの捕食動物からの脅威とは異なり、超音波探知機や地震探査による不快音は回避が困難」であることをウィリアムズ教授は指摘しながら、「問題は、これに関してわれわれがどのように対処できるかだ」と続けた。(c)AFP

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

6:  (no_name)  2018-08-30 03:01:11  #1ed783bd45   【×】このコメントを非表示にする

心理的葛藤から精神的疲弊を招くのはイッカクも同じだったっぽい。
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

7:  (no_name)  2018-09-11 21:54:51  #c6f7c09fa6   【×】このコメントを非表示にする

アフリカの半乾燥地帯の地中に暮らすハダカデバネズミの群れでは、妊娠中の女王のふんを他の雌が食べると、
ふんに含まれる女性ホルモンの影響で子育てに積極的になり、出産と子育ての効率的な分業が成立することを麻布大などのチームが発見、11日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

女王を頂点に役割が決まり、群れが一つの生き物のように振る舞う生態はアリやハチでは見られるが、哺乳類では珍しく謎が多い。
茂木一孝准教授(行動神経科学)は「本来は女王自身の体内の調節に使うホルモンを、他の雌の行動変化に使っていることに驚いた」と話している。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018091101001479.html

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

8:  (no_name)  2018-09-12 23:00:33  #5bfb3c5cf7   【×】このコメントを非表示にする

アライグマ生息域10年で3倍 農作物被害は年間3億円
2018年9月11日15時18分
https://www.asahi.com/articles/ASL946WW2L94UBQU00L.html

 各地で農作物などに被害を及ぼす特定外来生物のアライグマの生息域が約10年前と比べて、3倍に広がっていることが環境省の調査で分かった。新たに見つかった9県を含め、44都道府県で確認された。環境省は「自治体と協力して捕獲などの対策を続ける」としている。

 北米原産のアライグマは、1970年代にテレビアニメの影響でペットとして大量に輸入されたが、捨てられたり逃げ出したりして野生化。雑食性で繁殖力が高く、各地で果物や野菜などを食い荒らし、農作物被害は年間3億円を超える。生態系への悪影響や文化財の被害も報告されている。

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

9:  (no_name)  2018-11-02 22:59:48  #9e77a98548   【×】このコメントを非表示にする


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1