BASIL'BEAT
Thanks for visiting.
カテゴリーを作る
カテゴリー一覧はこちら。
BBS一覧はこちら。(TOP)
元カテゴリーのBBS一覧へ
#1数学についてのあれこれなんでも(20)
/学問総合/STEM(理系)/数理/数学科
point:0   views:923   ▲vote point for this BBS+
作成:2017-11-13 22:08:48   created by:82d6c4af4e
更新:2018-09-18 23:57:35

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント20
Last Comment 20
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2017-11-13 22:08:48  #82d6c4af4e   【×】このコメントを非表示にする

内容はなんでも

どん兵衛のCMにたどり着けず数学に目覚めたキタキツネ


http://www.nicovideo.jp/watch/sm32251753

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

1:  (no_name)  2017-11-13 22:08:48  #82d6c4af4e   【×】このコメントを非表示にする

内容はなんでも

どん兵衛のCMにたどり着けず数学に目覚めたキタキツネ


http://www.nicovideo.jp/watch/sm32251753

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

2:  (no_name)  2017-11-13 22:28:53  #82d6c4af4e   【×】このコメントを非表示にする

アルゴリズムの凄さを伝えるアニメかと思ったらマジキチアニメだった件

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18847458

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

3:  (no_name)  2017-12-16 10:07:49  #e17508cea7   【×】このコメントを非表示にする

公式思いついて発表しといて証明しないラマヌジャンみたいなもんか。

望月氏のABC予想「証明」、独創的すぎて数学者も苦闘
2017年12月16日08時58分
http://www.asahi.com/articles/ASKDH5VLYKDHPLBJ002.html

 数学の超難問「ABC予想」が、日本人によって証明される見通しになった。数学史に残る偉業だ。論文筆者である京都大数理解析研究所の望月新一教授(48)は、自身のホームページ(HP)以外での社会に向けた発信は限られ、それが一層関心を集めてきた。

 数理研は米プリンストン高等研究所などと並び称される世界屈指の数学の研究機関。数学のノーベル賞と称されるフィールズ賞を受けた広中平祐氏や森重文氏ら著名な数学者が所長を務めた。

 望月さんは東京出身。父の仕事の関係で幼少期に渡米、名門・米プリンストン大大学院で博士号を取得したのを機に帰国した。2012年に今回の論文を発表すると、ニュースは世界を駆け巡り、英科学誌ネイチャーは「(証明が)真実なら驚くべき成果」などと報じた。従来の数学の解き方と異なる独自の理論に基づく論文は500ページを超え、その後の修正で現在は600ページに。その分量、学術誌に掲載される前に自身のHPで論文を出す珍しさでも注目された。独創性ゆえ当初は論文を理解できる数学者がほとんどおらず、勉強会が開かれるなど異例の経緯をたどった。メディアの関心も高かったが、望月さんは取材を受けてこなかった。

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

4:  (no_name)  2017-12-16 10:09:59  #e17508cea7   【×】このコメントを非表示にする

望月真一

略歴

1988年 - プリンストン大学を卒業(16歳入学、19歳卒業)
1992年 - プリンストン大学でPh.Dを取得(22歳):指導教授はフィールズ賞を受賞したゲルト・ファルティングス
1992年 - 京都大学数理解析研究所助手に就任
1996年 - 京都大学数理解析研究所助教授に就任(26歳)
1997年 - 日本数学会秋季賞受賞:代数曲線におけるグロタンディーク予想の解決(中村博昭、玉川安騎男との共同受賞)
1998年 - 国際数学者会議招待講演
2002年 - 京都大学数理解析研究所教授に就任(32歳)
2005年 - 日本学術振興会日本学術振興会賞受賞:p進的手法によるグロタンディークの遠アーベル幾何予想の解決など双曲的代数曲線の数論幾何に関する研究
2005年 - 日本学士院日本学士院学術奨励賞受賞:数論幾何の研究

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

5:  (no_name)  2017-12-16 10:11:08  #e17508cea7   【×】このコメントを非表示にする

 


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

6:  (no_name)  2017-12-28 12:29:51  #01abf8c00a   【×】このコメントを非表示にする


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

7:  (no_name)  2018-01-30 07:02:46  #8154737b1a   【×】このコメントを非表示にする

とある八雲の科学解説 『高速フーリエ変換』


http://www.nicovideo.jp/watch/sm32638310

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

8:  (no_name)  2018-03-10 18:35:17  #2a59e22fe0   【×】このコメントを非表示にする

途中で、マジで!? 
って机から身を乗り出したよ。

とある八雲の科学解説 『素数から生まれる円周率』


http://www.nicovideo.jp/watch/sm30818910

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

9:  (no_name)  2018-03-10 18:49:52  #2a59e22fe0   【×】このコメントを非表示にする

と言うことは、円周率から素数を割り出すことは可能なのか? 

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

10:  (no_name)  2018-04-21 16:36:56  #ea1bdac60e   【×】このコメントを非表示にする

こういう単純なのを見ると、本当に数学はおもろいなと思う。

Round Peg in a Square Hole - Numberphile


https://www.youtube.com/watch?v=AvFNCNOyZeE

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

11:  (no_name)  2018-05-20 17:04:49  #31c09d9f96   【×】このコメントを非表示にする

基本は教育全般だけれども、数学のが目についたので。

TEDの教育バージョン

https://www.youtube.com/channel/UCsooa4yRKGN_zEE8iknghZA


https://www.youtube.com/watch?v=NKmGVE85GUU

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

12:  (no_name)  2018-08-08 19:06:12  #f4bb666def   【×】このコメントを非表示にする

 


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

13:  (no_name)  2018-08-09 00:24:10  #9370ad483a   【×】このコメントを非表示にする


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

14:  (no_name)  2018-08-09 22:40:24  #2befcec24e   【×】このコメントを非表示にする

面積は等しいかもだけど
外周部のちょっと良く焼けたところが
均等に行き渡らないな

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

15:  (no_name)  2018-08-09 23:18:38  #9370ad483a   【×】このコメントを非表示にする

そこはじゃんけんですよ
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

16:  (no_name)  2018-08-10 22:37:21  #a08cb9cd64   【×】このコメントを非表示にする

 


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

17:  (no_name)  2018-08-10 22:37:36  #a08cb9cd64   【×】このコメントを非表示にする

他の切り方


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

18:  (no_name)  2018-08-10 22:38:22  #a08cb9cd64   【×】このコメントを非表示にする

あ、一緒だったわ
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

19:  (no_name)  2018-09-09 00:38:11  #3ae91b8804   【×】このコメントを非表示にする

全然分からんかったけど凄く面白かった。

とある八雲の科学解説 『4次元の球』


http://www.nicovideo.jp/watch/sm33818635

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

20:  (no_name)  2018-09-18 23:57:35  #da39bf1e52   【×】このコメントを非表示にする

慶應義塾大学大学院理工学研究科
KiPAS数論幾何グループの平川義之輔博士課程生(3年)と松村英樹博士課程生(2年)は、『辺の長さが全て整数となる直角三角形と二等辺三角形の組の中には、周の長さも面積も共に等しい組が(相似を除いて)たった1組しかない』
という、これまで知られていなかった定理の証明に成功した。

[大学ジャーナル-研究成果]
https://univ-journal.jp/22743/?show_more=1

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1