BASIL'BEAT
Thanks for visiting.
カテゴリーを作る
カテゴリー一覧はこちら。
BBS一覧はこちら。(TOP)
元カテゴリーのBBS一覧へ
#1化学総合(4)
/学問総合
point:0   views:121   ▲vote point for this BBS+
作成:2018-09-17 10:42:36   created by:74036f8de0
更新:2018-10-14 16:52:58

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント20
Last Comment 20
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2018-09-17 10:42:36  #74036f8de0   【×】このコメントを非表示にする

なんでも
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

2:  (no_name)  2018-09-17 10:42:42  #74036f8de0   【×】このコメントを非表示にする

東京大学生産技術研究所の田中肇教授らの研究グループは、これまで特異なガラス転移現象として説明されてきた水の動的異常性が、実はガラス転移と無関係であり、液体の正四面体構造形成に起因していることを初めて突き止めた。

 水が、4℃で最大密度を示す、結晶化の際に体積が膨張するなど、他の液体にない極めて特異な性質を持つことは広く知られている。
また、通常の液体は、フラジャイルな液体(ガラスにならない液体)とストロングな液体(ガラスになる液体)に分類されるが、水は高温ではフラジャイル、低温ではストロングのような特異なふるまいを示す。
このような異常な挙動は、特殊なガラス転移現象としてこれまで理解されてきたが、今回、同研究グループは、高温の水が正四面体構造をもたない乱れた構造から、低温のほとんど正四面体構造からなる水へ移り変わることを分子レベルで明確な形で示すことに初めて成功した。

 この成果は、従来のガラス転移に基づく水の動的異常性に関する定説を覆しただけでなく、水の熱力学的異常と動的異常が、ともに正四面体構造形成という共通の起源に基づくこと明らかにした点にも大きなインパクトがある。

https://univ-journal.jp/22725/?show_more=1

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

3:  (no_name)  2018-09-17 10:44:02  #74036f8de0   【×】このコメントを非表示にする

2chの解説:

190:2018/09/17(月) 00:15:18.95 ID:Cs2VX5GM0.net
>>90
「普通の物質は固体→液体→気体の三相やけど、水は固体→ガラスっぽい液体→液体→気体の四相あって、 4 ℃あたりで相転移するから体積最小になるんやで」

「さっきの嘘やで。普通の三相やけど 4 ℃あたりの分子間距離やと水素結合の極性とつりあって結晶っぽい効率良い構造取れるから体積最小になるんやで」

104:2018/09/17(月) 00:09:03.55 ID:o8TGMzc40.net
ストロングな液体ならよく飲んでるで

110:2018/09/17(月) 00:09:38.01 ID:ps8bpP4TM.net
>>104
アル中まっしぐらやで



指定された画像ファイルを認識できませんでした。
  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

4:  (no_name)  2018-10-14 16:52:58  #48a9b9c005   【×】このコメントを非表示にする


  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1