/ニュース/社会/社会
壊れた太陽光パネルで感電のおそれ 危険周知を勧告(2comment)
■このスレッドを新規ウィンドウで開く
point:0   views:8723   ▲vote point for this BBS+
作成:2017-09-08 19:38:35   created by:565b76d6bd
更新:2017-09-08 23:17:58


【tags】

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント50
Last Comment 50
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2017-09-08 19:38:35  #565b76d6bd   【×】このコメントを非表示にする

NHK 2017年9月8日 11時44分

住宅などの屋根に設置されている太陽光パネルが、災害などで壊れても発電を続け感電するおそれがあるのに、およそ6割の自治体が感電の危険性を認識していなかったことが、総務省の調査でわかりました。総務省は環境省と経済産業省に対し、適切な対応を取るよう勧告しました。

総務省によりますと、太陽光パネルは地震や大雨による災害や火災などで壊れても、日光にあたっていると発電を続けるため、接触して感電するおそれがあります。

以下ソース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011131601000.html

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0

2:  (no_name)  2017-09-08 23:17:57  #5f5d1b7a31   【×】このコメントを非表示にする

へー。
ソーラーパネル自体に災害対策打ってなかったんだ。

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1