/ニュース/社会
専門家「日本経済は深刻な低迷状態となり、社会構造崩壊も」(1comment)
■このスレッドを新規ウィンドウで開く
point:0   views:6326   ▲vote point for this BBS+
作成:2017-10-01 10:49:14   created by:d6406bb6be
更新:2017-10-01 10:49:14


【tags】

ページング表示
(1ページ目)
→|最新コメント50
Last Comment 50
|←ALL→|
全表示
All Comment
1/1
↓↓~このページの最下行コメントに移動する~↓↓

1:  (no_name)  2017-10-01 10:49:14  #d6406bb6be   【×】このコメントを非表示にする

日本の100歳以上は6万7824人、経済は限界に —— アメリカから見た日本
Sep. 19, 2017, 11:35 AM


9月15日、厚生労働省は日本の100歳以上の人口が、過去最高となったと発表した。その数は、6万7824人。

「センテナリアン(centenarian)」と、人口統計学者が呼ぶ100歳以上の高齢者は、医学の世界では驚異の対象。しかし日本では、経済に重くのしかかる存在となっている。

65歳以上の人口の割合は、過去最高となっている。一方、出生率の低下も相まって、高齢化に伴うコスト負担を背負うことになる若年層は減少している。

ここ数年間、日本のGDP(国内総生産)は、数兆ドル減少しており(※ドル換算)、人口も約100万人減少している。日本の人口動態がこのまま推移した場合、経済は深刻な低迷状態となり、社会構造も崩壊してしまうと専門家は見ている。

「これは家族制度の終えんだ」と、ハーバード大学の社会学者メアリー・ブリントン(Mary Brinton)氏は、Business Insiderに語った。

日本の100歳以上の人口は1971年から毎年、増えている。1971年当時は、わずか339人だった。

昨年、政府が発表したデータによると100歳以上の人口は6万5000人を超えていた。日本の100歳以上の人口は、47年連続で増加している。


https://www.businessinsider.jp/post-104903

  ▲good+0
  ▼bad-0
  ■total=0
■お名前
   ★CAP



■動画URL


■画像URL


1/1